財布でかっこよくおしゃれをしたいなら

革財布の手入れ方法

革財布を買ったのならば、長く愛用していけるように手入れ方法についても知っておきましょう。
本革の高級品などもあるので、買った後は壊れるまで使い倒すというのではなく、
使い込むことで味が出ていくようにすることで、さらに愛着もわくものだからです。

 

基本となるのは、乾拭きになります。
野球のグローブや靴などの手入れと同じです。
繰り返し拭いていくことで、内部の油が出てきて光沢が増していき、表面を保護する働きもしてくれます。

 

革財布を乾拭きするときの注意点としては、あまり強くこすり過ぎないことが大切です。
あまり強くこすると、表面が傷ついたり、逆に汚れをすり込んでしまうことにもなるからです。
手入れ方法としては、乾いているきれいな布で軽く拭いていくようにしましょう。
汚れやシミを落すのに、シンナーやベンジンを使うのは避けなければいけません。
市販のクリームなどを少量付ける程度にとどめることも大切になってくるのです。

 

また、雨の日などに濡れてしまったというときには、乾いた布をあてて水分を拭き取ってから陰干しをするようにしましょう。
革財布の手入れ方法としては、ドライヤーなどを使うのはNGです。
乾燥させることはできてもダメージが残ってしまうからです。

 

そのほか、普段使っているときに気をつけたいこととして、
ヒップポケットに入れっぱなしだと型崩れをしたり、汗が付きやすかったりします。
また、財布の中に詰め込みすぎないことも大切です。

 

革の種類によるメンテ術(ココマイスター参照)

 

メンテナンスキット(土屋鞄製造所参照)